ライブ幕の活用&活躍シーン|ステージ上を華やかに彩るステージ幕やライブ幕、バックドロップ幕をお客様のオリジナルデザインでハイクオリティーにお仕上げ致します。

営業時間:平日9:00~19:00 土曜10:00~18:00 フリーダイヤル:0120-17-5151(携帯・PHSからでもご利用頂けます)Eメールからのお問合せはこちら

オリジナルデザインで、ライブ幕やバックドロップ幕、ステージ幕の特注製作を激安価格で承ります。お気軽にお申し付け下さい。

株式会社KILAMEK TEL03-33508215

ライブ幕の活用&活躍シーン

ライブ幕は、バンド幕と呼ぶ方もいる、そんな、ステージ後ろ、バックドロップ用のオリジナルシートは、どの様なシーンで活用されるのか?そしてその方法は?と言う事をご紹介したいと思います。とはいえ、名前からも用途や活用方法が分かります。

■屋内会場で装飾や宣伝を行うライブ幕

ライブ幕を最も活用する場面は、屋内になります。小規模な場所から、大規模な場所まで、様々な所で、活躍しています。激安価格で、オリジナル製作されたバックドロップ幕は、バンドのロゴや名前、ツアー名などをプリント印刷し、作成されます。

そうして制作されたライブ幕は、ステージ中央に設置され、まず舞台装飾として活用されます。また、宣伝などを行う目的で活用されます。屋内である以上、花火や自然に起こる天候の変化などの演出や、突発的な出来事が期待出来ない分、バックドロップに掛かる負担は大きくなります。その為、しっかりと色鮮やかに、そして個性を全面にデザインされて作成されます。

その上で、屋内ライブ幕を更に愉快に活用するのであれば、演出として、バックドロップに複数枚の幕を張り、何かの合図で、模様を変える事も悪くないと思います。もちろん、しっかりと設置早替えをする為には、様々な準備を周到に行う必要があります。だからこそ、工夫次第で、面白い仕掛けがいくらでも作る事が出来ます。それだけ、活用方法を探る面白みがあります。

■屋外会場で装飾や宣伝を行うライブ幕

格安作成を行うライブ幕は、屋外会場でも当然ながら活用されます。その光景を、ご覧になられた事がある方も多いと思います。ただし、こうした野外で行われるイベントチックな物となりますと、固有のバンド名がプリント印刷されたバックドロップ幕ではなく、そのイベント名が表現されている事が多くなっております。またサイズも大きな物である場合が多いです。

これは活用されるスペースの問題で、屋内では、設置する事が難しい大きさの、激安オリジナルライブ幕であっても、屋外であれば、十分にスペースを確保する事が可能なので、幅を広くワイドに使った活用方法が手段として発想されます。

また、屋外でのイベントなどになりますと、鉄骨をむき出しである事が多く、人のエネルギーが躍動しているシーンであっても、無機質な印象を与えてしまう可能性がある為、ライブ幕を製作して、装飾を行うという活用を行っては如何でしょうか?

  • お見積り依頼はこちら
  • お問合せフォームはこちら
  • フリーダイヤル:0120-17-5151 営業時間9:00~21:00(平日)10:00~18:00(土)日祝休みメールでのお問合せはこちら

トップに戻る