ライブ幕の設置について|ステージ上を華やかに彩るステージ幕やライブ幕、バックドロップ幕をお客様のオリジナルデザインでハイクオリティーにお仕上げ致します。

営業時間:平日9:00~19:00 土曜10:00~18:00 フリーダイヤル:0120-17-5151(携帯・PHSからでもご利用頂けます)Eメールからのお問合せはこちら

オリジナルデザインで、ライブ幕やバックドロップ幕、ステージ幕の特注製作を激安価格で承ります。お気軽にお申し付け下さい。

株式会社KILAMEK TEL03-33508215

ライブ幕の設置について

ライブ幕を設置する際は、ステージの上、バックドロップ幕として、掲揚されるのが一般的です。ステージ前やサイドスペースなど、視覚的にも動きのある位置に置かれる事もございます。そういった演出が行える点も、選ばれる理由かもしれません。

ライブ幕は、バックドロップ幕、バンド幕と呼ばれており、名前やロゴなどをプリント印刷したオリジナルシートを設置する事は、ある種のステータスだといえ、オーディエンスや観客を盛り上げる為には、欠かせない物の一つでは無いでしょうか?

ライブ幕を設置する際に必要な物

オリジナルで作成されたライブ幕は、バックドロップ幕として設置する際、ハトメと呼ばれる金属製の輪にロープを通し、ステージに設置されます。紐でしっかりと固定するコトで、演奏している最中、シートが垂れ落ちるコトを可能な限り防ぎます。

ハトメを打ち込む為、ライブ幕には穴を開けるコトになります。金属をまったく別の素材に打ち込む事は、生地の強度面を考えると、マイナスの事であり、過剰に引っ張る力が加わると、境目から裂けてしまう可能性が強くなりますが、これを防ぐ為、レザーを挟んだり、裏面にだけ差し込むと言う、単純な強度補強を行う仕立て加工もご用意しております。

ライブ幕が設置される光景

ステージ幕やバックドロップ幕として、ライブ幕は設置されます。演奏中のバンドがその前で演奏する形になり、前方からはオーディエンス、背景からオリジナルシートが盛り上げると言った感じで、その空間自体を総合的に演出する為に一役買います。

ライブ幕は、ターポリンを使用したとしても、柔らかい素材です。その為、きちんと張らなければ、だるだるになり、あまり格好の良い見た目になりません。屋内であれば、風の抵抗などを受けにくく、弛ませていたからといって、変に裂ける事は起こりにくいと考えられますが、これが屋外であれば、十分起こり得るコトなので、取り付ける際には、きちんと張って頂きたいと思います。

  • お見積り依頼はこちら
  • お問合せフォームはこちら
  • フリーダイヤル:0120-17-5151 営業時間9:00~21:00(平日)10:00~18:00(土)日祝休みメールでのお問合せはこちら

トップに戻る